【FX許容損失率20%運用】35pipsから200pipsを狙う #9-#11

【FX許容損失率20%運用】35pipsから200pipsを狙う #9|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説
つかさ所長
つかさ所長

FXは小さくても確実な利益を積み重ねていく事が大切です。その為のルールです。

私が採用しているFXトレードのルールを公開します。時々、マイナーチェンジを行いながらより自分自身に適した手法を模索しています。

トレード手法も資金管理方法も年々シンプルになっています。ルールはシンプルな方がトレードをする際の迷いに繋がりません。ポジション時、決済時の迷いは資金を失う確率を上げてしまいます。ルールに沿ってトレードをする。大切な事はそれだけです。

そしてFXの魅力はレバレッジ効果と複利運用です。ですのである程度のリスクを取りながら複利運用をしています。

#10のテーマ

#9での課題を#10で改善出来るようにテーマを持ってトレードを行います。

  1. SL30pipsの厳守:#9では守れなかった事により32.5pips=-16.2万円損をしている。
  2. 利確は35pipsで良し:100pipsを狙いに行き結果的に損切りになっている事もある。35pipsで利確して戻したら再度、入り直す方が楽に勝てるケースもある。
  3. 20%運用が理に叶っている:TPとSLを明確に運用する事が大切。
  4. 50.0ロット(500万通貨)での運用を目指す:50.0ロット以降は固定で良いかも知れない。
  5. 6ヶ月運用できれば50.0LOTになる:1回のトレードで175万円の利益なる。月10回で1,750万円。
  6. 初期設定:SL30pips TP50pips 建値移動を35pips 最大200pips

資金管理

許容損失率20%で複利運用でトレードを行う。

  1. 許容損失率20%で運用する:資金が増えればその増えた資金に対して、資金が減れば減った資金に対してロット計算を行う。計算はMT4インジで自動的に行う。許容損失率20%計算を行わない場合は2.0lot、SL30pipsを上限とする。
  2. 毎週利益を出金する:月曜日から金曜日までの利益を土曜日に出金する。金曜日に持ち越している場合は翌週の決済後に出金を行う。出金する事で気持ちにもゆとりが出来る。2020年は月に50万円を目安とする。
  3. XMTradingポイントの利用方法:次のステップ(移転)に進むまでは利用せず貯めておく。利用すると適当トレードをしがちでメイントレードの思考の邪魔になる。

取引手法

基本はデイトレでトレードを行います。場合によっては1週間ほどの保有もあります。

  1. 利確と損切り:TP35pipsから200pips SL30pips 勝率50%を目指す。この水準を維持できれば破産確率は限りなく0%に近くなる。
  2. 目標月間200pips:200pipsととれれば十分な利益を残せるので無理をせず確実に根拠が揃った場面のみでトレードを行う。
  3. 目線基準:日足MA20、4時間足MA200、4時間足MA20を基準とし相場状況に合わせてトレードを行う。
  4. 1日2トレードまで:勝っても負けても2トレードまで、やればやるほど熱く感情的になりルールを守れない事が増える。尚、1回目のトレードが勝っても負けても2時間はMT4を閉じパソコンやスマホでチャート見ない、EN、EXを行わない。一切チャートを見ない方が頭がリセットされ、視野も広がる可能性があるのでTradingViewなどその他のツールの閲覧も同時に禁止とする。
  5. 1つの通貨に集中してトレードする:複数通貨を同時に保有すると損切り、利確の迷いになるので欲張らず確実に仕留めていく。但し、1通貨目の損切りを建値に置いていれば2通貨まではトレード可能とする。
  6. ナンピン禁止:ナンピンをするのなら最初からベストなポイントが来るまで待つ事が大切。ナンピンを行って損切りになると許容損失率20%での運用が崩れる。
  7. SLを建値に移動するタイミング:利益方向に35pips進んだ時に行う。インジケータにより自動的に設定される。
  8. トレード時間は冷静な判断が出来る午後22:30(夏時間)まで:遅くなればなるほど判断力が低下して後日振り返れば凡ミスが多い。尚、冬時間は午後23:30までとする。(2020/10/27追記:冬時間について)
  9. 他人のSNSを見ない:他人のFXトレードをSNS等で見たら罰金5,000円貯金箱に入れていく。2021年9月10日に貯金箱を空ける、少なければ少ないほど意思が硬かった証。自分自身のトレードを信頼しよう。
  10. お酒を飲みながらのトレードは禁止:夕食時は飲んでも良いが、トレード中は一切、禁止とする。
  11. 12通貨を監視する:根拠が揃った時のみエントリーするので1通貨週1回エントリー出来ればいい。
許容損失率20%運用:デイトレで50pipsから100pipsを狙う #8|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説
12通貨
USDJPYAUDJPYEURAUDGBPAUD
EURJPYEURUSDEURCADGBPCAD
GBPJPYEURGBPGBPUSDUS30

利益確定基準

つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

勝率50%でリスクリワード1:1以上あれば基本的には資金が増えていきます。チャートパターンと損切りをどこに置き、どこまで利益を狙えるのかこのバランスが大切です。

チャート上のラインについて(ラインルール)2

【FX許容損失率20%運用】35pipsから200pipsを狙う #9

水平線とトレンドラインの使い方

  • 日足の高安に水平線を2本から4本引く(値動き幅の意識)緑色
  • 4時間足の起点となるポイントに水平線を引く(ENまでの引き寄せポイント、EN後はSL/TP基準)黒色
  • 15分足の起点となるポイントにトレンドラインを引く(ENタイミング)緑色

チャート上のラインについて(ラインルール)1

【FX許容損失率20%運用】35pipsから200pipsを狙う #9

水平ライン

  • 黒色 細ライン=4時間足起点
  • 黒色 中ライン=4時間足以上で何度か反発している重要な起点

トレンドライン

  • 紫色ライン=4時間足以下の起点
  • 緑色ライン=日足以上の起点

チャネルライン

  • 紫色ライン=4時間足以下の起点
  • 緑色ライン=日足以上の起点

15分足エントリー方法①(切り上げ下げ抜け)

【FX15分足トレード】デイトレで10pipsから100pipsを狙う|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

以下の3点を全て満たしている上でENをする。

  1. 15分足の移動平均線がEN方向に向いている
  2. 15分足のMACDがEN方向に向いている
  3. 15分足のEN方向のシグナルが点灯している

この場合のエントリータイミングは以下の2パターン

  • A.15分足で抜けが確認できた瞬間EN
  • B.切り下げラインやMAまで戻してからEN

15分足エントリー方法②(レンジ内の下限、上限)

【FX15分足トレード】デイトレで10pipsから100pipsを狙う|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

以下の点を注意してENする。

  1. H4足のトレンド方向に入る方が勝ちやすい
  2. 15分足のMACDがEN方向に向いている
  3. ボックス幅の1/2ほどを利確目安にする。

この場合のエントリータイミングは以下の2パターン

  • A.安値付近で極力SLを少なくEN / MAなどの抵抗でEX
  • B.MA上に足が乗ってからEN / 最高値でEX

15分足エントリー方法③(レンジブレイク/水平抵抗抜け)

【FX15分足トレード】デイトレで10pipsから100pipsを狙う

以下の点を注意してENする。

  1. H4で意識されている水平抵抗
  2. H4MAの方向にENする
  3. ブレイクの見極めが重要
  4. 何度か同じ値幅で下落、上昇を繰り返す
  5. 抜けきれず戻される事もあるが焦らない
  6. 前回の高値(抜けの起点)を超えたら損切り

この場合のエントリータイミングは以下のパターン

  • M15ブレイクを見極めるM15MAに寄ったところでEN / レンジ幅をTP目標にするEX

15分足エントリー方法④(チャネル内/意識される起点タッチ)

【FX15分足トレード】デイトレで10pipsから100pipsを狙う

以下の点を注意してENする。

  1. M15チャネル上限/下限からEN
  2. H4トレンド方向にENする
  3. 意識されやす水平線、MAタッチを待つ
  4. 3つ以上の優位性を待つ
  5. 直近の高値を超えたら損切り

この場合のエントリータイミングは以下のパターン

  • 2回目の上値試しでEN(1回目の起点タッチでも起点が強ければ有効) / チャネル下限もしくは気になる抵抗EX

4時間足エントリー方法①(順張り

4時間足のトレンドに沿って順張りでポジションをとる。
ショート狙うパターン
つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説
よく負けていたパターン(根拠がばらばら)
  1. 4時間足20MAとローソク足の位置にてトレンド判定
  2. 4時間足MACDにてトレンド判定
  3. 4時間足200MAにてトレンド判定(目線基準)
  4. 日足にてトレンド判定
  5. ①から④が揃っているトレンドにエントリーする。(順張り)

上のチャートの場合は下落トレンドと判定する。

ポジション予定ポイントに水平ラインを引く

その水平ラインに近くまで待ち、近づいて来たら反発しそうな根拠がいくつあるか考察する。最低3つの根拠を揃える。根拠となるのは以下の通りです。

  1. 4時間足水平、切り上げ下げラインを重視する
  2. 1時間足、15分足のMACDがこれからエントリーする方向に向いているか
  3. 1時間足、15分足の20MAの位置関係とこれからエントリーする方向に向いているか
  4. 重要なラインへタッチ(日足MA、4時間足MA、4時間足リテスト)
  5. エントリー方向70pips以内に余計な抵抗が存在しないか
  6. SLを抵抗ラインの10pips以上外に置けるか
  7. 気になる事がある時は解消するまで待つ

根拠なきトレードは死ぬ

つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

FXは確率を高めるゲームです。色々な視点、根拠を駆使してこの先、価格がどちらに動く確率が高いのかを考える。水平線のみより、 MAの状況などが重なり全てが下落を示したタイミングは多くの人が参加する可能性が高いので負けにくくなります。負けるには負ける理由がある。

大切なこと

負けたからと言って頻繁にルールを変えていてはそのルールが良いのか悪いのか分からなくなりますので最低20トレードは同じルールでトレードする事が大切です。

つかさFX億トレーダーへの歩み|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説 つかさFX億トレーダーへの歩み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

海外FX XMの使い方:口座開設・入金出金・ボーナス
詳細を読む
海外FX XMの使い方:口座開設・入金出金・ボーナス
詳細を読む