トレンド変化は離れて観察する:GBPCADロング【負け-176pips】長期テイレバ#20-02-05

トレンド変化は離れて観察する:GBPCADロング【負け-176pips】長期テイレバ#20-02-05|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

はじめに:トレンドの変化は少し離れて見ると分かりやすい

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

今回のトレードブログは既にトレードを終えている通貨になります。そして負けました。そこで何が問題だったのかを振り返りながら書きます。

トレンド変化は離れて観察する:GBPCADロング【負け-176pips】長期テイレバ#20-02-05|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

ゴルフのグリーン上でパットを行う際にどこから見れば一番、起伏が分かりやすと思いますか?

それは少し距離を取って見る事です。カップとボールの直線上から2mから5mほど離れて起伏を読みます、そしてその起伏をより詳細に把握する為にそこからカップに近づきながら細かな起伏を読み取っていきます。時には逆の直線上からも見ます。そして起伏を読み取りカップから何cm離し、どれぐらいの力で打つかを決めてから行動に移します。

FXトレードも良く似ています。トレードでは長期足からトレンドを読み取り、下位足でポジションのタイミングをとります。今回のトレードはカップまでの起伏の読み取りがとても甘く『だいたいこのぐらいでいいじゃない。』と適当にパットをしたようなものです。カップに入ればラッキーですが、入らなければ余計な球数を打つ事になります。

今回はGBPCADロングのFXトレードです。

目的は勝つこと守れないルールは作らない

【FX取引ルール#1】目的は勝つこと守れないルールは作らない! | FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説 【FX取引ルール】目的は勝つこと守れないルールは作らない|長期テイレバ#1

負けにくい資金管理の考え方

超簡単!FX資金管理の2つの方法:負けにくい資金管理の考え方を解説 超簡単!FX資金管理の2つの方法:負けにくい資金管理の考え方を解説

トレードに利用しているFX口座

海外FX XMの使い方:口座開設・入金出金・ボーナス・サポート・口コミ|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説 海外FX XMの使い方:口座開設・入金出金・ボーナス・サポート・口コミ

ポジション時のチャート分析:日足トレンドはとても重要

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

世界中のトレーダーが意識するローソク足は日足です。

MT4時間足設定|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

ポジション時は週足、日足、4時間足、1時間足の順で相場環境を見ていきます。取引にはMT4を利用していますが、1時間足より短い時間足は表示していません。私の取引手法はデイトレからスイングトレードなので15分足などではポジション時の迷いの原因になるので消しています。チャートの状況確認も4時間足の切り替わり時に行うので4時間に1回、1日4回から5回です。

ポジション時の週足チャート

トレンド変化は離れて観察する:GBPCADロング【負け-176pips】長期テイレバ#20-02-05|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説
決済後の反省:週足切り下げ線(紫線)の実体ブレイクを待つべき

ポジション時の日足チャート

トレンド変化は離れて観察する:GBPCADロング【負け-176pips】長期テイレバ#20-02-05|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説
決済後の反省:日足切り下げ線(緑線)の実体ブレイクを待つべき

ポジション時の4時間足チャート

トレンド変化は離れて観察する:GBPCADロング【負け-176pips】長期テイレバ#20-02-05|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説
決済後の反省:4時間足だけを見れば下落トレンドと見るべき

ポジション時の状況とトレードシナリオ

ポジション時の状況
ポジション日時02/17 20:57
通貨GBPCAD
売買区分ロング
利益目標295pips
損切り172pips
リスクリワード1.7
週足状況下落トレンドからレンジ 
日足状況上昇トレンドからレンジへ
4時間足状況上昇トレンドからレンジへ
ポジション根拠4時間足の小さな切り下げブレイク
TP根拠日足の最高値
SL根拠4時間足の直近安値
ポジション時の懸念日足ベースの三角持ち合い中 
ポジション時の感情ルール違反3通貨目 *1

表の補足説明

  • *1 解説 3通貨目になっているので利益が出たら早めに建値に移動する。ルール違反をしています。ルール違反をしている時点でダメなトレードです。
https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

以上がGBPCADロングのポジション時の状況です。

感想や質問は嬉しいです!

感想などありましあらコメント欄、Twitterをご利用ください。以降の項目はポジションの状況を見ながら更新します。最終的な結果はお楽しみに。

コメント

決済時のチャート分析:高値掴みでナンピンする間も無く損切り

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

ポジション後あっと言う間に損切りです。それでは決済時の状況です。

決済時の日足チャート

トレンド変化は離れて観察する:GBPCADロング【負け-176pips】長期テイレバ#20-02-05|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

決済時の4時間足チャート

トレンド変化は離れて観察する:GBPCADロング【負け-176pips】長期テイレバ#20-02-05|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

決済時の状況

ポジション時の状況
ポジション日時02/17 20:57
通貨GBPCAD
売買区分ロング
利益目標295pips
損切り172pips
リスクリワード1.7
週足状況下落トレンドからレンジ 
日足状況上昇トレンドからレンジへ
4時間足状況上昇トレンドからレンジへ
ポジション根拠4時間足の小さな切り下げブレイク
TP根拠日足の最高値
SL根拠4時間足の直近安値
ポジション時の懸念日足ベースの三角持ち合い中 
ポジション時の感情ルール違反3通貨目 *1
決済時の状況
決済日時02/20 4:00
経過時間55時間
結果pips-176pips
保有時最大6pips
保有時最低-176pips

表の補足説明

  • *1 解説 3通貨目になっているので利益が出たら早めに建値に移動する。ルール違反をしています。

決済時の考察:一番の問題点は相場観では無くルールを無視したこと

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/3a213ca980a148af2b97e183b529c7f4.jpg
いぬくん

なんでルールを無視したの?

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

安易な判断したからだよ。

決済直後はトレードの問題点を相場観の読み違いと考えていましたが、こうしてシナリオから決済まで振り返って直ぐに気がつく一番の問題点は『ルール違反3通貨目』です。なぜこのような判断をしたのかそれは1つ前のトレードにも関わります。まずはそのトレードをご覧ください。

長期抵抗からのブレイク目指せ500pips:GBPJPYロング【保有中】長期テイレバ#20-02-04|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説 長期抵抗からのブレイク目指せ500pips:GBPJPYロング【勝ち+40pips】長期テイレバ#20-02-04

1つ前のGBPJPYはポジション後直ぐに利益なり後はSLを建値に移動するタイミングを待っていました。実際には移動していない状況にも関わらず今回のポジションを取る時に安易に『GBPJPY』はもう直ぐSLを建値に移動するしそしたらルール違反にならないから良いかと考えてしまいました。結果的に『GBPJPY』が伸びて少なからず利益が確定していますが、もし逆行をしていればナンピンを行い許容損失率が大きくマイナスになる場合もありました。利益が出ている時こそ、行動が曖昧になりやすいので注意が必要です。また良い教訓が1つ増えました。

その後のチャート分析:テキスト

おわりに:テキスト

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

テキスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です