ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04

ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

はじめに:売買の均衡はどこかで崩れる

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

均衡を保った状態がレンジです。レンジには大小ありますがロングとショートの割合が同じ状況です。

ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

レンジはどこかで崩れます。崩れた価格は崩れた側に大きく動きます。その理由は2つです。上のイラストを参考に解説します。ショートでポジションを持つ場合です。

  1. 抵抗を割った事で多くのショート組が参加する
  2. ロング組の損切りを巻き込む

この2つの要因が下落の力となります。しかし下落するとわかっていてもいざポジションを取るとなるとタイミングが難しい事がよくあります。そこで下落のパターンを知る事でポジション時の損切り位置を決めやすくなり損切り位置が決まればポジションも躊躇なく取れます。

ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説
ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説
ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

下落のパターンは大きく分けると3つです。

  1. 抵抗線をブレイク後、戻しをつけず下落
  2. 抵抗線をブレイク後、再び抵抗線付近まで戻し下落
  3. 抵抗線をブレイク後、抵抗線の上まで戻し下落

ショートでポジションを持つ時に勝つ確率が高いのは②③のパターンです。①の場合はブレイクを見ての飛び乗りになりますのでリスクリワードが悪くなる傾向が強いのと一次的に含み損を抱える事が多いです。②③の場合は戻しを待つ事で損切り位置を浅くする事が出来るのと、含み損を抱える時間が少なくて済みます。

そしてどのパターンでも言える事がロング組は損切りのチャンスを狙っています。皆さんならどこで損切りをしますか。そのポイントがショートを持つ最高のポイントになります。

今回はGBPUSDショートのFXトレードです。

目的は勝つこと守れないルールは作らない

【FX取引ルール#1】目的は勝つこと守れないルールは作らない! | FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説 【FX取引ルール】目的は勝つこと守れないルールは作らない|長期テイレバ#1

負けにくい資金管理の考え方

超簡単!FX資金管理の2つの方法:負けにくい資金管理の考え方を解説 超簡単!FX資金管理の2つの方法:負けにくい資金管理の考え方を解説

トレードに利用しているFX口座

海外FX XMの使い方:口座開設・入金出金・ボーナス・サポート・口コミ|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説 海外FX XMの使い方:口座開設・入金出金・ボーナス・サポート・口コミ

ポジション時のチャート分析:未知の空間へ踏み出す勇気

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

新たな価格へ向かう時の値幅基準は過去にあります。

MT4時間足設定|FX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

ポジション時は週足、日足、4時間足、1時間足の順で相場環境を見ていきます。取引にはMT4を利用していますが、1時間足より短い時間足は表示していません。私の取引手法はデイトレからスイングトレードなので15分足などではポジション時の迷いの原因になるので消しています。チャートの状況確認も4時間足の切り替わり時に行うので4時間に1回、1日4回から5回です。

ポジション時の週足チャート

ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

ポジション時の4時間足チャート

ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

ポジション時の15分足チャート

ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

ポジション時の状況とトレードシナリオ

ポジション時の状況
ポジション日時03/18 20:32
通貨GBPUSD
売買区分ショート
利益目標200pips
損切り260pips
リスクリワード0.8
週足状況 強い下落トレンド
日足状況 強い下落トレンド
4時間足状況 強い下落トレンド
ポジション根拠週足抵抗ラインブレイク
TP根拠過去の同様ケース
SL根拠日足高値
ポジション時の懸念戻せば追加ポジション 
ポジション時の感情 少し眠たい

表の補足説明

  • 過去の同様ケース 今回の場合は下に明確な目標ポイントがありませんので過去の同じようなパターンから値幅を持って来て目標にしています。合わせて週足の安値切り下げラインも利用しています。
https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

以上がGBPUSDショートのポジション時の状況です。

感想や質問は嬉しいです!

感想などありましあらコメント欄、Twitterをご利用ください。以降の項目はポジションの状況を見ながら更新します。最終的な結果はお楽しみに。

コメント

決済時のチャート分析:わからない時は確実な利益を優先

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

引いていたラインで暫く揉み合っていたので決済しました。

決済時の5分足チャート

ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

決済翌日の1時間足チャート

ロング組はどこで損切りする?:GBPUSDショート【勝ち+130pips】長期テイレバ#20-03-04|つかさFX研究所 | 自己心理・資金管理・取引手法をFXブログで徹底解説

決済時の状況

ポジション時の状況
ポジション日時03/18 20:32
通貨GBPUSD
売買区分ショート
利益目標200pips
損切り260pips
リスクリワード0.8
週足状況 強い下落トレンド
日足状況 強い下落トレンド
4時間足状況 強い下落トレンド
ポジション根拠週足抵抗ラインブレイク
TP根拠過去の同様ケース
SL根拠日足高値
ポジション時の懸念戻せば追加ポジション 
ポジション時の感情 少し眠たい
保有時の状況 
チャート分析日時
経過時間
 経過pips
シナリオ変更点
決済時の状況
決済日時03/19 0:07
経過時間3:35
結果pips130pips
保有時最大130pips
保有時最低30pips

決済時の考察:終わったチャートを見れば何でも言える

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/3a213ca980a148af2b97e183b529c7f4.jpg
いぬくん

保有していれば400pips取れていたのにね。

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

それはちがうよ。

保有中に400pipsまで伸びる確証はどこにもありません。ましてや普段の倍以上のボラがある日が続いています。そんな相場環境で大切な事は利益の確定です。だらだら保有をしていると一瞬で含み損を抱える可能性もあります。まだ暫く不安定な相場が続く可能性がありますがシナリオと自分自身のルールを守っていれば大きな損失になる可能性は少ないです。

その後のチャート分析:テキスト

おわりに:テキスト

https://fx-labo2020.com/wp-content/uploads/2020/01/791516eb8279c900dd75176731235504.jpg
つかさ所長

テキスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です